BLOG ブログ

腸活習慣してますか?

腸活習慣してますか?

腸は食べ物を消化吸収し、便をつくるだけの臓器ではないのです。
腸を整えることで、美肌効果、疲労回復、代謝が上がることによる疲れにくい体を作る効果があります。

腸について
腸は人生を変える臓器なんです
腸には小腸と大腸があります。
小腸は食べたものを消化吸収する臓器で栄養を吸収し血液に取り込むのが主な仕事です。
大腸は吸収した栄養の残ったカスから便を作る働きがあります。

体に必要な栄養を吸収し、不要なものは排出する!


便秘解消、栄養たっぷりな血液が全身に行き渡り、新陳代謝があがり痩せやすい体になります。
更に、代謝があがるとくすみがなくなり肌のキメが整う効果もあります。

腸内環境が悪いと、栄養が不足するので血液の質が低下し老廃物も溜まってしまいます。
血液の循環が悪いと身体が冷える、むくみ、疲労、肩こりなどを引き起こす原因となってしまいます。
たくさん寝たけど疲労が取れないのは、腸の環境が関係しているからなんです。


腸には自立神経が重要なんです!

自律神経とは、呼吸や内臓の働き、腸のぜん運動をコントロールする働きをしています。
自律神経には活動中や緊張した時に働きがさかんになる交感神経と、リラックス時や睡眠中に働きが盛んになる副交感神経があります。この二つの神経バランスが良いと腸の働きが安定します。
昼間は交感神経、夜は副交感神経が活発になります。

副交感神経は食後にも盛んになります。よって、食後は腸を休めて消化と吸収することに集中させることが重要なんです。

自律神経が整うと腸の働きが良くなります

腸にやさしい夕食を早めに食べ、寝てる間に腸を休めると朝スッキリ起きることができます。


腸が喜ぶ朝の習慣です
1,朝日をあびること(体内時計を正常に起動させるため)
   朝同じ時間に起きて、朝日をあびると更に効果があります。
   自立神経が整うと腸の活動も良くなる
2,朝コップ一杯の水を飲むこと(常温の水が良いです)
   腸は睡眠中に消化吸収を終え、朝方には動いていません。水を一気に飲むことで腸が目覚め、スムーズな排便につながります。
3,トイレタイムをつくりましょう。
   便意がなくても便座にすわることです。
   無理に便を出そうとすると、逆に交感神経が高まりでにくくなるので注意が必要です。

「腸をよくする食事」は
いつもの食事に食物繊維の含まれる食品1品プラスしてみたください。
例えば、みそ汁にキノコ類をいれる、サラダを食べるなどです。
腸にきく果物は、りんご、バナナ、キウイです。

DRT施術で背中をゆらゆらゆらすことで、全身の筋肉、内臓にも働きかけをしています。

施術中に、お腹がグルグルなる方が多くいらっしゃいます。

DRT施術は自立神経に働きかけ、腸活習慣に役立っています

[addtoany]